【ペン画】『 Japonesque 冬』-日本原産の植物を描く-ヤツデ もとゆきこ MY-105 | 大阪アートナビ



 ------------------------
 動物/植物園 応援中!

 ■天王寺動物園
 ■咲くやこの花館
 ■神戸どうぶつ王国
 ■神戸市立王子動物園


◎当ギャラリーは、大人も子どもも楽しんでアート制作を行うために、美術教育・環境問題に関しても感性を育む大切な要素と考えています。

 ■こどもの里ホームページ
 ■豊かな美術教育を!



ホームペン画・細密画【ペン画】『 Japonesque 冬』-日本原産の植物を描く-ヤツデ もとゆきこ
作品詳細

【ペン画】『 Japonesque 冬』-日本原産の植物を描く-ヤツデ もとゆきこ[MY-105]

販売価格はお問い合わせください。


2016年 ペン画作品です。
-----------------------------------------------------------------


庭や公園でよく見かけるヤツデ。

ヤツデ(八つ手、学名: Fatsia japonica)は、ウコギ科ヤツデ属の常緑低木。

この絵のヤツデも、大阪の万代池公園で見て、

すぐに気に入って描いたものです。


花は白く繊細なので、暗闇に浮かび上がらせるように

冬の夜の雰囲気で描きました。


よく見かける植物だけに、細かな部分を注視していなかったので

今回、この絵を描くにあたり観察ができてよかったです。

おかげで、この絵は、仕上がりまでに約1年かかってしまいました。



現実ではありえませんが、このヤツデには

ホオジロカンムリヅル(アフリカ南部に生息)が隠れているような気がして、

自然と構図の中にはいってきました。

冠のような頭の金色の羽毛が、ヤツデの花をイメージさせたのかもしれません。


このホオジロカンムリヅルには、天王寺動物園で出会っていたのですが、

絵を描くとなると、やはり、実物を見に行かなければならないので、

その後、しばらくツル舎が工事中の見えにくい環境の中、

この鶴を見に通っていたのが良い思い出でもあります。




この絵が発端で、ますますペンで”絵画”を描きたいと思い、

日本原産の植物を描くという、

春夏秋冬、花鳥風月みたいなものに挑戦することになりました。




オリジナル作品。



==========================================================
◆作品概要◆ 

 作品の仕様:インクペン、R画用紙
 作品サイズ:タテ520×ヨコ410mm

==========================================================
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス